最後のシネマ塾レポート「空の穴」

5月19日、このミュージアムで最後となる

「北のシネマ塾」が行われました。

DSC05174

取り上げた作品は2001年の熊切和嘉監督、

帯広ロケ「空の穴」。

soranoana

トークを担当した安倍雄也理事は、

「まさか自分が最後を担当するとは思っていませんでした」

と緊張しつつ、作品への思いを紹介。

DSC05105

学生時代に映画館で見たことを振り返り、

「見れば見るほど、噛めば噛むほど味の出る映画」と語りました。

DSC05157

熊切監督の描く北海道について

「暗い閉塞感が漂っているよう。帯広出身の監督だからこそ

描ける雰囲気であり、風景ではないか」と説明。

DSC05127

また、熊切監督と高校の同窓生だという知人に聞いた

秘話なども交え、貴重な監督の素顔を明かしました。

DSC05135

さらに、出演者のコメントを取り上げ、

その後の活躍ぶりとして、自分の好きな作品を紹介。

「熊切監督をこれからも応援したい」と力強くまとめました。

DSC05201

最後は、司会の佐々木純理事長とあいさつした安倍理事は、

「別な場所で次があれば、ぜひ『シムソンズ』を紹介したい」とも。

DSC05235DSC05248

ご参加くださった方々、ありがとうございました。

またいつか、お目にかかる日を楽しみにしています。

DSC05058

小樽市立菁園中の生徒さんがご来館!

閉館日が来週に迫った5月23日、

嬉しい来館がありました。

小樽菁園中学校の2年生グループが、

宿泊学習の一環で見学に来てくれたのです。

DSC05256

「始めるきっかけは?」

「北海道を舞台とした映画は何本あるのですか?」

「一番ヒットした作品は?」

「北海道で一番最初に公開された映画は?」

などなど、素朴な疑問に答える佐々木純理事長。

DSC05280

館内のロケ地マップやリストの記録が、

ばっちり役に立ちました。

DSC05332

DSC05325

小樽といえば、名作「Love Letter」の舞台!

最近では「きみはいい子」もロケされました。

わずかな時間でしたが、ここでの出会いが、

映画の魅力や北海道の再発見につながってくれれば。

これからが楽しみな嬉しいひとときでした。

011

来てくれた生徒さん、ありがとうございました!

5/26、第2回時計のない上映会「ファブリックの女王」

札幌にある「時計のない喫茶店」をご存じですか。

素敵なネーミングのお店を会場にした上映会が、

あさって開かれます。

ずばり「時計のない上映会」!

DSC05038

2回目の今回は、北欧の人気ブランド・マリメッコの

創業者の人生に迫る「ファブリックの女王」を上映。

詳細はキノマト公式サイト(こちら)へ!

【重要】5月31日で一時閉館致します

「北の映像ミュージアム」一時閉館のお知らせです。

さっぽろ芸文館ホテルが9月末で営業停止するのに伴い、

当ミュージアムも急きょ5月31日(木)で

一時閉館することになりました。

皆さまには、急な事態で、ご迷惑・ご心配を

おかけすることとなり、誠に申し訳ありません。

何卒ご理解をいただきたく、よろしくお願い申し上げます。

なお、移転先については、

候補はありますが、まだ最終決定しておりません。

決定次第、お知らせ致します。

ミュージアムの存続に、今後もご支援・ご協力のほど

よろしくお願い申し上げます。

北海道発カーリング映画「シムソンズ」道内リバイバル上映!

2006年の青春カーリングムービー

「シムソンズ」を覚えてらっしゃいますか?

yjimage

2002年のソルトレークシティオリンピックに挑んだ

実在する常呂町の女子高校生チームをモデルにした作品です。

その映画が12年ぶりにスクリーンに!

5/25(金)からイオンシネマ北見、

ディノスシネマズ旭川、シネマ太陽帯広で公開。

さらに、7/7(土)から

ディノスシネマズ札幌劇場で上映されます。

LS北見の活躍で盛り上がるカーリング熱を後押し!

ぜひこの機会にご覧下さい。